カスタマ事例:ヤフー株式会社様(ヤフージャパン)thumbnail_case_study_yahoo_japan.jpg

ヤフー株式会社(通称ヤフージャパン)は、そのビッグデータ要件や大量のネットワークトラフィックに対応するために、データセンターネットワーク基盤とネットワーク運用の効率化という要件を抱えており、既存大手ベンダーからの独自提案を含む多数の選択肢やハイパースケールカンパニーが展開しているような自社開発(DIY)アプローチを評価していました。

この事例では、ヤフージャパンがハイパースケールプロバイダとして、同じ設計、ソフトウエア、ハードウエア、チップを使うという考え方と選択を適用し、その自動化ソフトウエアにアプストラが選定されることになった過程を紹介しています。

インターネットサービスを先導するプロバイダが、どのようにしてマルチベンダー対応インテント型ネットワーキングシステムを今日の商用環境に実装・展開したかを詳細に解説している事例です。ぜひダウンロードしてご参照ください。

yahoo_japan_architecture.png

 

カスタマの言葉


「AOSの代わりになるようなものは市場にはありません。」

「アプストラの機能開発速度に追従できるところはありません。大きな差別化要因です。」

「AOSに何を実現したいか伝えるのと、自分達でやるのとの差です。」

「AOSがあれば、弊社のCLOSネットワークファブリックの構築・運用を迅速に自動化、合理化、複製できるのです。」

「ホワイトボックスを含む様々なベンダーのネットワーク装置を展開している弊社のニーズを満たしてくれるマルチベンダーソリューションはアプストラだけでした。」